府中市 東京都 酒類・食品問屋|酒類販売のご相談は地場問屋の株式会社村野商店にお任せください

販売店様ログイン

会社案内

安心と信頼、そしてお酒のある幸せな生活をお届けします

誠実な営業活動を通じて、お得意先の皆様に安心と信頼を感じていただくよう心がけます。

お酒は古来より私たちの生活と密接に結びついています。様々な場面でお酒と遭遇する機会があります。
お酒には至酔性があるために健康被害、飲酒運転の問題が懸念されて いますが、適量を正しく飲むことで、人生をより楽しく豊かにできるものと考えます。

私共はただお酒を販売するだけでなく、お酒の文化やお酒が創り出す様々な効果(食事が美味しくなる、楽しくなる、リラックスできる等)をお伝えし、販売店のお得意様を通じて消費者の皆様にもお酒のすばらしさを知っていただくよう努力してまいります。

概要

社名 株式会社村野商店
所在地 東京都府中市白糸台1丁目1番地の6
TEL:042-363-2222
FAX:042-369-0202
創業 昭和5年12月1日(株式会社設立:昭和27年3月28日)
資本金 2,000万円
役員
代表取締役会長
村野儀右衞門
代表取締役社長
村野太郎
取締役総務部長
村野昌由美
取締役営業部長
原口公英
取締役業務部長
吉野美則
従業員 15名 (男性14名、女性4名)
関連会社 丸上株式会社(貸ビル業)
新宿区西新宿1-19
業績 年商 35億 (自社売上15億、日酒販委託売上20億)
事業内容 多摩東部地区を中心として約550軒の酒類小売店にビール・清酒・洋酒・清涼飲料水等の全国有名銘柄と地方銘酒、輸入酒を卸し売り。
地域トップのシェアを占め、都下屈指の販売実績をあげております。
提携先 日本酒類販売株式会社(東京都中央区新川一丁目25番4号)
主要仕入先 サッポロビール(株)、日本酒類販売(株)、キッコーマン(株)
主取引銀行 みずほ銀行 府中支店

沿革

昭和5年12月 江戸時代から営んできた酒類の販売業を法人化し、合名会社村野商店を設立して酒類食品卸売りを専業とする。
昭和17年5月 企業整備令により東京都酒類販賣会社に統合、多磨出張所となる。
昭和23年4月 酒類配給公団が設立され、東京支部の多磨荷捌所の業務を受託。
昭和24年6月 酒類配給公団が廃止され、酒類卸業が復活。
昭和24年7月 日本酒類販売株式会社(酒類配給公団の人材を中心とした新しい全国規模の酒類卸売会社)の設立に参画し、多磨出張所の業務を受託。
昭和27年3月 株式会社 村野商店に改組。
昭和49年5月 コンピューター導入による業務の合理化に着手。
平成1年4月 配送車輌管理と倉庫内集荷業務の自動化システム稼動。
平成8年2月 共用ハンディターミナルによる酒販店EOSシステム稼動。
平成15年1月 日本酒類販売株式会社武蔵野支店の営業を継承し販路拡大。
平成23年11月 ホームページ開設。
平成25年4月 日本酒類販売株式会社と配送統合。
村野商店
株式会社村野商店

〒183-0011
東京都府中市白糸台1-1-6
TEL:042-363-2222